外国為替証拠金取引(FX)とは

外国為替(外国通貨)の売買
を、一定の証拠金(保証金)を担保に

その証拠金の何倍もの取引単位(金額)で売買が行える金融商品です。


メリット⇒相場が想定通りに動いた場合には転売することで実際の何倍もの収益を得ることが可能

デメリット⇒相場が想定外に動いた場合には実際の何倍もの損失が発生し預け入れた資金が減少する可能性あり


預け入れた資金は転売する際に回収できますが、

資金が一定以上減少した場合には、一定以上の損失が出ない様に「ロスカット」という仕組みにより

自動的に決済が行われます。

現在では、金融庁の監督下に入り投資家保護の体制がしっかり整備され今まで以上に安心して取引を行えます。


魅力的な外国為替証拠金取引

利益を伸ばし、損失を可能な限り抑えるために為替投資の世界では


最良の投資環境を持つ業者選択
が最も重要です。



外国為替オプションとは、指定した通貨ペアの為替レートを【特定の価格で購入する権利】です。

具体的には、『原資産(為替、債券、株式などを指す。この場合は為替)を満期日までの期間に予め定められた価格(権利行使価格)で買う、といった【権利自体を取引すること】』。
【コール・オプション】、【プット・オプション】と呼ばれる2つの権利が売買の対象となります。

売り買いする為の権利であり「売り買いする事の義務」ではありませんので、保有した権利を絶対に行使しなければいけない類のものではありません。
つまり、権利行使(売却)することで利益が得られる状態なのであれば権利行使を実行し、そうで無い場合には権利行使期日まで保留することが出来ます。

仮に権利行使期日までに権利を実行しなかった場合には【権利放棄】となり当初保有していた権利が消滅します。(買付代金のみのリスク)


権利を買うには売手に対し
プレミアムと呼ばれるオプション料を支払います。

外国為替証拠金取引は、相場が予測とは逆に動くと追加証拠金(追証)が必要となり、

損失が膨れあがる可能性があります。

そうした
リスクを予め限定したのがオプション取引です。



『外国為替オプション取引 〜 驚異のレバレッジ効果!最小限の投資資金!』

少ない資金で大きな取引を可能にするレバレッジ。

外国為替証拠金取引の例では

・元手の約10倍ほどの取引が可能でした。。


※取扱業者によってレバレッジ率は異なります


しかしながら、外国為替オプション取引では、、、、

取引総額に対してわずか1〜2万円の資金で1万ドルの取引
(取引総額の1〜2%=元手の約77倍ほどの取引)

という驚異的な売買手法が実現できます。

【POINT!】
外国為替証拠金取引のレバレッジ効果
外国為替オプション取引のレバレッジ効果

【POINT!】
外国為替オプション取引
とは、例えば、、

米ドル12月まで115円「買う権利」または「売る権利」自体を売買対象とした取引のこと」を言います。
※取引全体の流れ(数字は任意)
※そのときの権利行使価格

オプション取引=権利の取引

■ 魅力のレバレッジ効果



レバレッジとは「テコの原理」を指します。

テコの原理とは、小さな力で大きな重いものを持ち上げることの出来る仕組みです。

これを投資に当てはめると、、【少額の元手で大きな取引を可能】にする仕組みとなります。

例えば、10万円の保証金を収めることで1万ドルまでの取引ができると仮定します。

1ドル=110円の場合、10万円の元手で実際には110万円相当(=1万ドル)の米ドルを取引することになります。

保証金として納めた10万円を元本として考えると、元本に対して11倍ものレバレッジがかかることになります。


具体例

・通貨ペア:「円/米ドル」

1ドル=110円で米ドルを1万ドル購入。その後、1ドル=120円までドル高円安が進んだと仮定。

1万ドルを買っているので、為替差益は10万円。でも、元手は保証金として納めた10万円なので

その「元手=10万円」から見た
利益率は100%に達します。

※取扱業者によってレバレッジ率は異なります


☆ 外国為替オプション取引の主な用語 ☆

【!】用語解説

意 味

・原資産(原証券)

オプションの対象物のこと。
株券、債権、為替などを指す。
【原資産(原証券)が株券の場合】
コール・オプションであれば「ある日時に、ある価格で株を買える権利」を意味する。

・オプション

「ある物(=原資産・原証券)を、ある日時に、ある値段で買う(または売る)権利」のことを指します。
オプションは、ある物(=原資産・原証券)を「買う権利」や「売る権利」なので、実際の物自体を売買する訳ではありません。
つまり、オプションはある物(=原資産・原証券)から「派生した」商品、金融派生商品(デリバティブ)の一種となります。
オプション取引とは、その権利を取引することです。
主に、債券先物オプション、通貨オプション、株式指数オプション、個別株オプション などがあります。

・金融派生商品
(デリバティブ)

デリバティブ(派生商品)とは、金や原油などの原資産、株式や債券などの原証券の値の変化に依存してその値が変化する商品。
簡単に言うと『原資産・原証券に対する副産物』のこと。
柔軟に考えると、、、

鮭 = 原資産
いくら・筋子 = 鮭から派生する副産物

外国為替オプション取引の場合には、「ある物=為替(原資産・原証券)の未来の価格変動を利用すること」、がデリバティブに該当する、と言えます。

・コール・オプション
(買う権利)

ある物(=原資産・原証券)を、ある値段で買う権利

例)100円で商品を買う事ができる権利を1円で買うと、商品の価格が110円になれば9円の利益がでる。

・プット・オプション
(売る権利)

ある物(=原資産・原証券)を、ある値段で売る権利

例)100円で商品を売る事ができる権利を1円で買うと、商品の価格が90円になれば9円の利益がでる。

・プレミアム

オプションを売買するときの代金のこと。オプションを買付けたときにはプレミアムを支払い、オプションを転売したときにはプレミアムを受取ります
プレミアム価格は、複雑な理論に基づく数式によって導かれ、状況の変化と共に常に変動しています。(※図1 参照)

・ROI
(投下資本利益率)

投下した資本に対してどれだけ利益が上がったかを表す指標。

・権利行使価格
(ストライクプライス)

基準通貨を取引期限内にいくらで売り買いするかを選択する『取引希望価格』のこと。

・限月(げんげつ)

オプションには有効期限があり、その期限のことを限月(げんげつ)、期限日のことを納会日(のうかいび)という。

限月の到来前に持っている権利を売却することを ⇒「転売」
限月の到来時に自動的に決済(売却)されることをここでは、⇒権利行使(エクササイズ)と呼ぶ。

・通貨ペア

米ドルと円の取引、ユーロと円の取引、など取引対象とする各国通貨の組み合わせのこと。
実際に取引が行なわれる時には、一度、米ドルを間に介在させて取引されるのが一般的。
主な通貨ペアには、
ドル/円  ユーロ/ドル  ポンド/円  ユーロ/円  豪ドル/円  NZドル/円  などがある。

・レバレッジ

少額の元手で大きな取引を可能にする仕組みのこと。

図1

○上昇予想ならコールオプションを購入

ドル高/円安を予想する場合はドル/円のコールオプション(買う権利)を選択します。

ドル/円の場合、ドルが基準通貨、円が変動通貨として取引されているので、ドル相場が上昇するというのはドル高/円安を意味します。

○下落予想ならプットオプションを購入

ドル安/円高を予想する場合はドル/円の
プットオプション(売る権利)を買付けて取引します。
ドル相場が下落するというのはドル安/円高を意味します。

 ドルの上昇を予想した場合  ⇒   買う権利(コール・オプション)を購入する

 例) 9/1時点で現在値:1ドル=111.5円 →その後9/31時点で121.5円まで上昇したと仮定

 『下記の条件で購入』

   ○ 通貨ペア:      ドル/円
   ○ 取引期限:     9月限(9〜10月までの一ヶ月間が取引有効期限となる)
   ○ 権利行使価格:  111.5円
   ○ 取引形態:     コール・オプション買い

 買付日:9月1日に1万ドルを購入
 ※1) 0.90円(プレミアム)×10,000ドル(購入単位)1,500円(手数料)10,500円(買付代金)

 転売日:9月31日に権利行使(エクササイズ=売却)
 ※2) 10.0円(プレミアム)×10,000ドル(購入単位)-1,500円(手数料)98,500円(受取金額)

 結果として
 98,500円(受取金額)-10,500円(買付金額)88,000円(純利益)

 ※プレミアムとは上記4つの条件によって決定する「その時点の買い付け代金」を指す
 ※通貨単位(売買単位)は、ドルの場合1万ドルからとなる


 上記の例から、100万円を運用した場合

 購入可能数:100万円÷10,500円(※1参照)=95単位(95万ドル=1億592万5千円)の購入
                              ↓
                 相対的概念としてレバレッジ約105倍と言えます。

 買付日:9月1日に95万ドルを購入
 10,500円×95万ドル(購入単位)99万7,500円(買付代金)

 転売日:9月31日に権利行使(エクササイズ=売却)
 10.0円×95万ドル(購入単位)-142,500円(手数料)935万7,500円(受取金額)
 ※手数料:1500円 × 購入単位
 ※売買単位:この場合、95単位

 結果として
 935万7,500円-99万7,500円836万円(純利益)

 となります。

        買付代金 = プレミアム × 購入単位 + 手数料

 

ドル/円・1ドル=114円のとき1万ドルの取引をした場合の比較

 

必要資金

1ドル=124円になったら、(リターン)

1ドル=104円になったら、(リスク)

スワップ
(金利)

メリット

外国為替証拠金取引(FX)

5〜10万円(業者により異なる)

利益10万円

損失10万円

あり

5〜10万円程の証拠金を預け入れることで1万ドル(114万円)の取引が出来る

外国為替オプション取引

1〜2万円

利益9万円以上

損失1〜2万円

プレミアム価格に既に織り込まれている。

外国為替証拠金取引(FX)より更に少ない資金で取引でき、リスクは買付け代金の範囲内に限定される

外貨預金

114万円

利益10万円

損失10万円

あり

日本の預金金利より高い米ドルの金利が受け取れる



国内で唯一、オンライントレードで『外国為替オプション取引』を実現したサムライFXの最大魅力

サムライFX

一般のFX業者

取引形態:

・外国為替証拠金取引(FX) 
 5万円〜

・外国為替オプション取引
 1〜2万円〜

・外国為替証拠金不要取引

取引形態:

・外国為替証拠金取引のみ

商品特性:

リスク限定・ハイリターン

商品特性:

ハイリスク・ハイリターン

手数料体系:

手数料体系:

【!!】
サムライFXは他社の様に手数料を安く出来ません。
それは、 【絶対に顧客には向かわない】 といった企業姿勢の表れ。顧客との揺るぎない約束です。

通常、外国為替取引は「顧客の出すオーダーに対して会社側が向かう形」となるいわゆる相対取引が基本。
※つまり顧客の利益と会社の利益は相反関係にある

逆にお客様に向かうことを容認するのであれば、手数料を0円にすることも可能です。

【!】用語解説

意  味

・向かう

売りに対抗して買いを入れたり、逆に買いに対抗して売る行為のことをいい、「買い向かう」、「売り向かう」といった使い方をします。


国内で唯一『外国為替オプション取引』を実現した充実のオンライントレードシステムをモノにする!

効率的な投資戦術と強力なサポート陣営を味方に付けて最高の投資環境を作り出す!

業界最高水準の「レバレッジ効果」を最大限に活用する!

通常の外国為替証拠金取引(FX)と外国為替オプション取引を組合わせ証拠金不要の取引を行う!

【第一期キャンペーンは3月15日を以って終了させて頂きました】

【3月15日を以って第一期キャンペーンは終了させて頂きました。詳細についてはお問合せ下さい】

口座開設後にサムライFXから送信される【口座開設完了ご報告メール】に8ケタの「開通番号」が記載されております。この「開通番号」を口座開設完了報告フォームよりご報告下さい。
(FAXによるクイック申込みを行った方も同様の手続きとなります。)

当ご報告を行って頂いた方は以下のサービスが受けられます。

1.ヴィクトリーレポートなど無料特典プレゼント!
2.「メール配信&必勝バックナンバー」が閲覧出来ます!
(メンバー専用ページへのログインID・パスワードを発行)


  

広告掲載についてのお問合せはお問い合わせフォームからお願い致します。
掲載上の投資情報に関するご質問・ご相談・ご照会等にはお応え致しかねますので
ご了承の上ご利用下さいます様お願い申し上げます。

当サイト掲載情報等の送信・複製・譲渡・転載等固く禁止致します。
違反行為は罰則の対象となりますので予めご了承下さい。